2019年1月22日(火)

米民主党上院トップ、クリントン氏支持を表明 大統領選

2016/2/25 10:13
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】米民主党の大統領候補指名争いで、同党上院トップのリード院内総務が24日、ヒラリー・クリントン前国務長官を支持すると表明した。党の重鎮による支持は、10州以上の党員集会・予備選が集中する3月1日のスーパーチューズデーに向けてクリントン氏に追い風となりそうだ。

リード氏はCNNテレビのインタビューで「ヒラリーの方が中間層の役に立てると思う」と述べた。予備選や党員集会ではクリントン氏とサンダース上院議員が接戦を展開しているが、党の幹部や議員の間ではクリントン氏への支持が広がっている。CNNによると、クリントン氏支持を表明した上院議員は少なくとも40人に上っている。

クリントン、サンダース両氏が党員集会や予備選でこれまでに獲得した代議員数はそれぞれ52人、51人と拮抗する。しかし党員集会や予備選の結果に縛られないリード氏をはじめとする党幹部・議員ら「特別代議員」は、CNNの集計でクリントン氏支持が445人、サンダース氏は18人と大差がついている。

代議員は全体で約4700人で、このうち約700人が特別代議員。特別代議員は7月の党大会で投票するため、支持候補は今後変動する可能性がある。指名争いで終盤まで接戦が続くと、特別代議員の判断が勝敗を分ける例もある。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報