/

「核戦争の危険迫る」北朝鮮が公開書簡 米国は「望まず」

【ソウル=山田健一】北朝鮮の最高人民会議外交委員会は24日、世界各国の国会に向けた公開書簡を発表し、「最近、トランプ米大統領の妄言により朝鮮半島に核戦争の危険が刻一刻と迫っている」と主張した。朝鮮中央通信が報じた。核戦争の可能性に言及し、国連演説で北朝鮮を「完全に破壊する」と警告したトランプ氏をけん制した。

北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会も各国の政党向けの公開書簡を発表し、「朝鮮労働党の戦略的核兵器建設構想(の目的)は、米国の軍事的侵略を防ぐ戦争抑止力をもつことにある」と説明した。北朝鮮の核保有が、核戦争の回避につながるとの自説を改めて訴えた。

一方、ムニューシン米財務長官は24日、ABCテレビのインタビューで、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長と威嚇の応酬を続けるトランプ氏について「大統領は核戦争を望んでいない。それが起きないよう最善を尽くす」と述べた。北朝鮮が太平洋上での水爆実験の可能性に言及したことに対し「全世界が断固結束して対抗すべきだ」と訴えた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン