/

この記事は会員限定です

「ヨルダン政府、死刑囚釈放は難しい」中東調査会の高岡氏

[有料会員限定]

24日夜にインターネット上に投稿された画像と音声で、「イスラム国」に拘束されている日本人フリージャーナリスト、後藤健二さん(47)の解放条件として、イスラム国はヨルダンで拘束されている女性死刑囚の釈放を求めた。中東調査会の上席研究員、高岡豊氏に背景や今後の可能性を聞いた。

――後藤さん解放のため、ヨルダンで拘束されているイラク人女性のサジダ・リシャウィ死刑囚の釈放を日本政府がヨルダン政府に依頼した場合、ヨルダンは釈放という形で日本に協力できると思いますか。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン