/

中国、毒性高い農薬禁止 食品安全法を改正

【北京=山田周平】中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は24日、粉ミルクの品質管理の強化を柱とする食品安全法の改正案を可決した。10月1日に施行する。輸入した複数種の粉ミルクを混ぜ、別の商品と偽って売ることなどを禁じた。中国では国産品の品質問題で粉ミルクの輸入が増えており、便乗商法を封じる。毒性の高い農薬を野菜や果物に使うことや健康食品のラベルに治療効果があると記すことも禁じる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン