2019年1月24日(木)

イエメン軍事介入から半年 サウジ連合軍に犠牲拡大

2015/9/26付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ドバイ=久門武史】サウジアラビアなどの連合軍がイエメンに軍事介入を始めてから26日で半年が経過した。作戦は空爆から地上部隊の派遣に拡大、犠牲が膨らんでいる。サウジの支援を受け、イエメンのハディ暫定大統領側はイスラム教シーア派武装組織「フーシ」への反攻を強めているが、フーシは首都サヌアを支配し続けており、和平への道筋は見えない。

「すべての都市と地方を武装組織から解放した後、速やかにサヌアに帰還…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報