/

この記事は会員限定です

メキシコ、対米「強気」前面 低支持率の回復狙う

[有料会員限定]

【メキシコシティ=丸山修一】メキシコ政府が今週始まるトランプ米政権との交渉で譲歩しない姿勢を鮮明にしている。メキシコの協力が不可欠な移民や安全保障と、通商問題を一括協議する方針を打ち出し、米国の要求する形での北米自由貿易協定(NAFTA)の見直しをけん制。米国以外との経済関係の強化もはかる。米国に強硬な姿勢を示し、低迷する支持率の回復も図りたい考えだ。

「米国に服従も対立もしない。あるのは対話と交...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り860文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン