/

この記事は会員限定です

「残留派優勢」だった英世論調査、なぜ読み違えた

国民投票、荒れた天気も影響

[有料会員限定]

【ロンドン=小滝麻理子】国民投票を巡っては、終盤戦の世論調査は僅差ながらも残留派が勝利するとの予想が増えていた。だが、ふたを開ければ離脱派が勝利した。なぜ読み間違えたのか。

最大の誤算は、残留支持が圧倒的に多いとされる首都ロンドンとスコットランドの投票率が予想よりも低かったことだ。

投票日当日のロンドンは前夜から荒れ模様が続き、夕方には激しい雷雨や浸水が起き、一部地域では投票所が閉鎖に追い込まれた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り565文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン