/

マラリアワクチン、EU域外で利用認可 欧州医薬品庁

【ロンドン=共同】英製薬大手グラクソ・スミスクラインが開発した世界初のマラリア向けワクチンについて、欧州連合(EU)の専門機関、欧州医薬品庁は24日、EU域外での利用を認める見解を発表した。ワクチン実用化に向けた大きな前進。アフリカの子どもの感染予防で成果が期待されている。

世界保健機関(WHO)も、ワクチン利用に向けた勧告を早ければ年末までにまとめる見通し。ワクチンが使われる各国でも当局の承認が必要になる。

同社によると、2013年のマラリアの死者は推定で約58万人。うち83%がサハラ砂漠以南のアフリカに住む5歳未満の子どもという。

同社は、このワクチンから利益を得ないと表明している。販売価格は、製造コストに、次世代ワクチンの研究開発に投資する5%を上乗せした額にする方針。

生後5~17カ月の乳幼児への臨床試験では、18カ月後の時点で発症数がほぼ半減した。

同社は、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ夫妻の基金が支援する非営利団体と協力し、ワクチンを開発した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン