中国「一人っ子政策」の歪み、男性の結婚難深刻

2015/4/7付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の一人っ子政策による人口構成の歪(ゆが)みが、思わぬ波紋を広げている。男女比の不均衡が招く「結婚難」が"人身売買ビジネス"の温床となり、東南アジアに住む女性が次々と中国の農村地域に連行され、現地男性と強制結婚させられているのだ。中国で未婚男性を意味する「剰男(売れ残った男性)」という言葉が広がるなか、中国の結婚問題が国境を越えた影響を及ぼしている。

韓国行きが一転

カンボジア南東部のプレイベ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]