/

この記事は会員限定です

トランプ氏、大統領令連発 保守的な政策推進

[有料会員限定]

【ワシントン=川合智之】トランプ米大統領が就任後、相次いで大統領令に署名している。環太平洋経済連携協定(TPP)離脱や医療保険制度改革法(オバマケア)見直しの指示のほか、歴代の共和党政権も掲げた「小さな政府」「中絶反対」などの保守的な政策が目立つ。議会の採決が不要な大統領令を活用することで、オバマ前大統領の政策を速やかに覆す姿勢をアピールする。

トランプ氏は妊娠中絶などを支援する国際非政府組織(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1128文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン