/

ギリシャ、3年ぶり国債発行再開へ

【イスタンブール=佐野彰洋】ギリシャ政府は24日、5年物国債を発行すると発表した。同国の国債発行は2014年以来3年ぶり。国際通貨基金(IMF)が20日に条件付きでギリシャへの融資再開を決めたのを受け、市場復帰が可能だと判断した。25日に条件を決める。チプラス政権は債務危機からの脱却を印象付けるため、14年4月に発行した5年債の利回り4.95%を下回ることを目指しているもようだ。

15年夏に始まった今の第3次金融支援は18年8月に期限切れを迎える。独自の資金調達ルートを確保するため、市場の反応を試す。今回の発行再開に伴い、ギリシャ政府は19年に償還を迎える国債の保有者に対し、償還前の買い取りと新発債への乗り換えも提案した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン