/

ピアソン、教育事業に注力 CEO「日経は同じ文化有す」

ピアソンのジョン・ファロン最高経営責任者(CEO)は23日に英国の有力経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)電子版で公開した動画で日経新聞へのFT売却の理由について説明した。

ファロンCEOは「携帯電話が発達し、人々がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を経由しニュースを得る中、FTにとってもエキサイティングな時代だ」と話した。一方で「これまでもグローバル展開とデジタル分野の投資に力を入れてきた。激変するニュース分野と教育分野の両方に集中するのは難しい」と話した。

売却先に日本経済新聞社を選んだ理由として「高品質なジャーナリズムの需要が高まるアジア地域でビジネスを拡大するにあたり、日経はパートナーとしてFTとともに成長できる」とし、「日経は我々と同じ文化を持っている」と述べた。また、雇用の継続や編集権の独立は保証できると強調した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン