/

ギリシャ首相「構造改革を遂行」 独と首脳会談

23日、ベルリンで記者会見を行うギリシャのチプラス首相(左)とドイツのメルケル首相=AP

【ベルリン=赤川省吾】訪独したギリシャのチプラス首相は23日、メルケル首相との首脳会談後の記者会見で「必要な構造改革を遂行する」と発言した。欧州連合(EU)が求める改革に取り組む姿勢を見せ、資金支援のカギを握るドイツの理解を得ようとした。ただギリシャがどこまで国際公約を守ろうとしているのかは不透明で支援交渉の行方は予断を許さない。

会見ではドイツとの対立を避けようとする姿勢が鮮明だった。「お互いをよく知るという意味で重要な会談だった」。「(メルケル首相とは)非常にいい関係だ」。チプラス首相は微笑を浮かべながらドイツとギリシャが友好関係にあることばかりを強調した。

これまでチプラス政権は、ドイツが緊縮策を押しつけたからギリシャが苦境に陥ったと主張していた。だが今回はドイツ批判を封印。その一方で富裕層の脱税防止や汚職撲滅などの改革策を列挙し、資金支援に理解を求めた。

ドイツに求めてきた第2次大戦中の戦時賠償についても発言をトーンダウンさせた。チプラス氏は「金銭ではなく、道義的な問題だ」と語り、巨額賠償をドイツに請求したいわけではないとのメッセージを送った。「いまのドイツは(戦時中の)第三帝国とはなんの関係もない」とも語った。

EUはギリシャ支援を続けることで合意したものの、チプラス政権の改革姿勢が不十分だと判断。融資の実行をストップしている。資金繰りに行き詰まる恐れが出てきたギリシャが態度を軟化させ、改革を求めるドイツに歩み寄った形だ。

こうしたギリシャ側の譲歩に対し、メルケル首相は「ギリシャは成長を取り戻し、経済的に強くなってほしい」と応じた。ただギリシャが改革にどこまで本気になって取り組むかは見えていない。

チプラス首相は、これまでも国内外で発言を使い分けてきた経緯がある。国外では改革姿勢を強調する一方で、国内では有権者に対してばらまきを公約してきた。メルケル首相は「(支援は)ドイツが決断するわけではない」と述べるにとどめ、EU内でさらに議論すべきだとの考えをにじませた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン