/

この記事は会員限定です

北朝鮮が潜水艦ミサイル発射 500キロ飛行

日本の防空識別圏内に落下か

[有料会員限定]

【ソウル=加藤宏一】韓国軍合同参謀本部によると、北朝鮮は24日午前5時半ごろ、東部咸鏡南道新浦(シンポ)付近の日本海で潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射した。ミサイルは約500キロメートル飛行し、日本の防空識別圏内に落下したと推定されるという。SLBMの発射は7月9日以来だが、韓国軍は「過去のSLBMの発射に比べて(発射能力が)進展している」と指摘。追加挑発の可能性に備えて警戒を強めている。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り596文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン