/

北朝鮮地震2回発生、核実験影響の見方も 韓国気象庁

【ソウル=山田健一】韓国気象庁は24日、北朝鮮北東部で23日午後5時29分に発生した地震に関し、同日午後1時43分にも同じ場所で地震が起きていたと発表した。いずれも自然地震と推定されるものの、韓国では北朝鮮が3日に実施した6回目の核実験の影響で起きたとの見方が出ている。

23日の地震の規模は、1回目がマグニチュード(M)2.6で、2回目が同3.2。震源は核実験場のある豊渓里(プンゲリ)から北北西に約6キロメートルの地点と推定される。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン