2019年6月24日(月)

台湾、中国に金門島への水・電力供給を要望

2015/5/24付
保存
共有
印刷
その他

【金門島=山下和成】中国で台湾政策を担当する張志軍・国務院台湾事務弁公室主任(閣僚級)は24日、台湾当局が実効支配する中国大陸沖の離島、金門島で陳福海・金門県長(県知事)と会談した。会談後の記者会見で陳氏は、水や電力不足に悩む金門島への中国からの供給を要望したと語った。中台交流の一環だが、数キロメートルしか離れていない中国大陸の影響力が一段と強まりそうだ。

金門島への水供給は中台の閣僚級が23日に島内で開いた会談で、近く商業契約を結ぶことを確認した。張氏は24日の会見で電力供給についても「適切に処理する」と前向きな姿勢を示した。張氏は同日夕方に船で金門島を離れ、中国大陸に戻った。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報