2019年4月20日(土)

北朝鮮、トランプ氏の対話提案拒否 「ナンセンス」

2016/5/24 9:10
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=共同】北朝鮮の徐世平駐ジュネーブ国際機関代表部大使は23日、ロイター通信のインタビューで、米大統領選で共和党候補指名を確実にした実業家トランプ氏が核開発問題を巡り金正恩朝鮮労働党委員長と話し合う用意があると述べたことについて「ナンセンスだ」と述べ、提案を拒否した。

大使は、対話に応じるかどうかを決めるのは金氏だとした上で、トランプ氏の提案は「無益」であり、大統領選のための「プロパガンダか宣伝だ」とはねつけた。

トランプ氏は17日、ロイターの取材に対し、北朝鮮の核開発を止めるため、金氏と話し合う用意があるとの考えを明らかにしていた。

大使はまた「責任ある核兵器保有国として、核兵器を先制使用しないが、米国が先制使用すればわれわれも使用せざるを得ない」と警告した。

核問題を巡る6カ国協議について、北朝鮮は再開する用意があるが、米国や日本、韓国が拒否していると主張した。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報