米大統領、北朝鮮「いずれ崩壊する」

2015/1/24付
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=芦塚智子】オバマ米大統領は22日のユーチューブでのインタビューで北朝鮮について「残忍で圧政的で、自国民を食べさせることすらできない」と厳しく批判し「いずれこのような政権は崩壊するだろう」と述べた。

オバマ氏は「地球上で最も孤立し、最も制裁を受け、最も切り離された国家だ」と断言。戦争になれば隣国である韓国が深刻な影響を受けるなどとして「軍事的な解決は答えではない」と語り、制裁による圧力を強化していく考えを示した。

またインターネットによる情報の浸透が北朝鮮国内に変化をもたらす可能性にも言及し「我々は促進する方法を常に模索している」と述べた。「この近代化された世界で残忍な独裁国家を維持するのは非常に難しい」とも指摘した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]