/

ツイッターに複数企業が買収打診か 米CNBC報道

【シリコンバレー=小川義也】米CNBCテレビは23日、米ツイッターが米顧客情報管理(CRM)大手のセールスフォース・ドットコムや米グーグルを含む複数の企業から買収の打診を受けたと報じた。近いうちに正式な買収提案を受ける可能性もあるという。報道を受け、ツイッターの株価は同日の米株式市場で一時、前日の終値に比べて20%以上、上昇した。

利用者や売上高の伸びが鈍化しているツイッターは業績の改善に向け、サービスの見直しなど構造改革を進めている。ただ、今年1月には中核幹部が大量に離職。同社を巡っては、一部事業の売却や他のIT(情報技術)企業による買収観測がたびたび浮上している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン