2018年10月22日(月)

中国が金利規制復活 銀行に指導、不良債権処理促す

2016/6/24 1:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】中国政府が銀行の金利規制を復活させた。業界の自主規制の形を取りながら、まず北京で貸出金利の下限、預金金利の上限を設定した。中国当局は過剰な生産能力を抱える企業の淘汰を進める方針で、新たな不良債権の発生が避けられない。このため金利の自由化をいったん凍結し、銀行の収益力強化を通じた不良債権の処理を優先する。

新たな金利規制は法人向けを主な対象とする。中国人民銀行(中央銀行)が定める基…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報