/

英ピアソン、英紙FT売却に向け交渉 教育事業に集約狙う

【ロンドン=黄田和宏】英教育・出版事業大手のピアソンは23日、傘下の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)の事業の売却に向けて、交渉を進めていると発表した。交渉相手は明らかにしていないが、ロイター通信は同日、「グローバルなデジタルニュース会社」と報じた。売却額は10億ポンド(1930億円)程度になるとみられている。

ピアソンがFTの事業売却を検討する背景には、教育事業のテコ入れに経営資源を集約する狙いがあるとみられる。FTは電子版を中心に契約者数を大きく伸ばしており、昨年末時点で約72万件の契約を抱える。事業の拡大を受けて、FTの買収に同業他社や投資家らが関心を示していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン