台湾総統選、野党・蔡氏が独走 馬政権への不満吸収

2015/12/24 0:42
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=山下和成】来年1月16日に投開票する台湾総統選挙で最大野党・民進党の公認候補、蔡英文主席(59)が独走態勢に入ってきた。馬英九政権(国民党)の経済政策などへの不満を取り込み8年ぶりの政権交代が近づく。国民党の朱立倫主席(54)は出馬の際の混乱などが響き支持率で大差がついている。同日実施される立法委員(国会議員、定数113)選でも民進党は単独過半数(57議席)をうかがう勢いだ。

「国民党は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]