北朝鮮、マレーシアを非難「主権を侵害」 国営メディア

2017/2/23 11:22
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=山田健一】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件で、朝鮮中央通信は23日午前、「マレーシアが(遺体を)司法解剖したことは我々の自主権を露骨に侵害している」との見解を示し、マレーシア側の対応を批判した。遺体が金正男氏かどうかは触れなかった。

朝鮮中央通信が「朝鮮法律家委員会」の報道官談話として伝えた。今回の殺害事件について、北朝鮮の国営メディアが反応を示したのは初めて。

朝鮮中央通信は事件を巡る報道について「南朝鮮(韓国)当局がシナリオをあらかじめ作っていた。陰謀策動だ」と韓国を非難。「我々の国民が突然ショック状態に陥り、病院に移送される途中に死亡した」と主張し、北朝鮮が暗殺したとの見方に反発する姿勢をみせた。

その上でマレーシア側が遺体を司法解剖したことを「我々の自主権に対する露骨な侵害だ」と批判した。「死亡者は外交官用のパスポートを持っていた」として、マレーシア政府の司法権が及ばない「治外法権の対象だ」との見方を示した。

現地の警察捜査に対しては「客観性と公平性がなく、意図的に事件の容疑を我々にかぶせようとしている」と在マレーシア北朝鮮大使館と同様の主張を繰り広げた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]