/

ハンガリー、マイナス金利導入 欧州で5例目

【ロンドン=共同】ハンガリー国立銀行(中央銀行)は22日、マイナス金利政策を導入すると発表した。政策金利の下限と位置付ける翌日物預入金利を0.1%からマイナス0.05%に引き下げる。物価が中銀の目標である3%前後を下回る水準で推移しているため。23日から適用する。

欧州では欧州中央銀行(ECB)と、スイス、スウェーデン、デンマークの各中銀がマイナス金利を採用しており、ハンガリーで5例目となる。

ハンガリー中銀は22日、主要政策金利を1.35%から1.2%へ引き下げると決定。翌日物預入金利はこの金利より1.25%低く設定すると定めているため、マイナスになった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン