/

NY州、ファストフード店の最低賃金引き上げ勧告へ

【ニューヨーク=高橋里奈】ニューヨーク州のファストフード賃金委員会は22日、全米で30店舗以上を展開する外食チェーンを対象に、時間当たりの最低賃金を段階的に15ドル(約1860円)まで引き上げるよう勧告することを決めた。現在の最低時給は8.75ドル。ニューヨーク市内は2018年末まで、州全体では21年7月1日までに引き上げる。

パブリックコメント(意見公募)などを経て、今秋にも始める。米国のサービス産業の労働組合はこれまで15ドルを目安に最低賃金の引き上げを目指し、大規模なデモなどを実施してきた。米国では物価の高騰や格差の拡大で、最低賃金の引き上げを求める動きが広がっている。特に外食産業は総じて賃金が低いとされてきた。

既にロサンゼルス市は20年まで、シアトル市は17~21年にかけて、サンフランシスコ市は18年までに、それぞれ最低賃金を15ドルに引き上げることを決めている。賃上げは個人消費を刺激する可能性がある。その一方で企業にとっては大幅なコスト増となり、マクドナルドなど外食チェーン産業からの反発も予想される。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン