/

韓国、GDP伸び減速 MERSや輸出低迷で

4~6月0.3%増

(更新)

【ソウル=加藤宏一】韓国銀行(中央銀行)が23日発表した2015年4~6月の国内総生産(GDP、速報値)は実質で前期比0.3%増だった。伸び率は前期の0.8%増から減速した。中東呼吸器症候群(MERS=マーズ)発生の影響でサービス業を中心に民間消費が低迷したほか、輸出も低水準だった。

韓銀は四半期の年率換算成長率を公表していないが、推定で1.2%程度。韓銀は9日、消費の冷え込みや干ばつ、輸出の停滞を反映して15年の成長率見通しを従来の3.1%から2.8%に引き下げている。

四半期ベースで成長率が0%台にとどまるのは5四半期連続となる。4~6月期は外食や宿泊などのサービス業や衣料品などの準耐久財の販売が低迷し、民間消費が0.3%減と前期の0.6%増から一転、マイナスになった。MERSの発生で外国人観光客の韓国行きのキャンセルが相次ぎ、韓国居住者も外出を控える動きが目立った。

輸出は前期と同じ0.1%増と停滞が続く。半導体や自動車などは伸びたが、中国景気の鈍化や原油安などを反映し、石油化学製品などの中間財の輸出が伸び悩む。政府の不動産活性化政策による住宅市況の回復を反映して、建設投資は1.7%増と堅調だが、全体を補い切れていない。

業種別の生産では農林漁業が降雨量の減少の影響から11.1%減と急減した。野菜などが値上がりして、消費心理の萎縮につながっている。

韓銀は「7~9月期以降はMERSなどで萎縮した消費が回復し、(4~6月の)マイナスが相殺される効果が出そうだ」と指摘する。一方で「外国人観光客の予約状況を見ると、以前の水準を回復するには時間がかかると思う」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン