/

仏大統領選投票、4氏大混戦 決選投票の公算

(更新)

【パリ=白石透冴】フランス大統領選の1回目投票が23日、約7万の投票所で始まった。即日開票され、23日深夜(日本時間24日朝)にも大勢が判明する見通し。極右、急進左派を含む主要4候補が競り合う。過半数を得る候補者は出ず、上位2人による5月7日の決選投票に進む公算が大きい。欧州連合(EU)との関係、移民政策、景気対策などが争点だ。

各種世論調査では中道系独立候補のエマニュエル・マクロン元経済産業デジタル相(39)と極右国民戦線(FN)のマリーヌ・ルペン党首(48)が首位を争う。僅差で共和党(中道右派)のフランソワ・フィヨン元首相(63)、急進左派のジャンリュック・メランション氏(65)が追う。

ルペン氏とメランション氏はEU離脱を問う国民投票の実施も辞さないほか、保護主義的な貿易を主張する。マクロン氏とフィヨン氏は仏はEUの主要構成国として発展すべきだとの考えで、自由経済を志向する。

仏内務省の発表では投票率は23日午後5時(日本時間24日午前0時)現在で69.42%。前回12年は同時刻で70.59%だった。

20日にパリ中心部で起きた銃撃テロが投票にどう影響するかが注目される。世論調査ではマクロン氏が決選投票に進んだ場合、どの候補に対しても勝つ見通し。ルペン氏は決選投票に残っても、どの候補にも勝てないとの予想になっている。

投票率は70%程度と、過去の約80%より低くなるとの予測がある。投票率が低くなると、熱心な支持層を持つルペン氏に有利に働くとされる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン