2018年6月19日(火)

ユニリーバ、戦略見直しに着手 大型買収提案うけ

2017/2/23 9:54
保存
共有
印刷
その他

 【ジュネーブ=原克彦】日用品・食品の世界大手である英蘭ユニリーバは22日、株主利益を高めるために戦略の見直しに着手したと発表した。同社に対しては米食品大手のクラフト・ハインツが1430億ドル(約16兆円)で買収を提案し、取り下げたばかり。成長の方策を鮮明にすることで、M&A(合併・買収)の標的にならないようにする意向だ。

 ユニリーバは声明で「先週の出来事は当社が持つ価値を、より早くつかむ必要があることを浮き彫りにした」と説明。4月初旬までに各事業の再評価などを終え、結果を公表するという。

 クラフトは17日にユニリーバに買収を提案して拒否されたと発表。当初は引き続き協議を求める意向を示したが19日に断念した。消費財企業の買収では過去最大の案件になる可能性もあったことから注目を集めていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報