/

この記事は会員限定です

朴政権「米韓」に軸足 合同軍事演習スタート

[有料会員限定]

【ソウル=峯岸博】北朝鮮への対決姿勢を強める韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権が米韓の連携を前面に出している。朝鮮半島有事を想定した米韓両軍による定例の合同軍事指揮所演習が22日、韓国で始まった。米韓両軍の連携能力を高め、北朝鮮をけん制する。反発した北朝鮮は「先制報復攻撃」に言及。朝鮮半島で緊張が高まる可能性も出てきた。北朝鮮で相次ぐエリート層の脱北・亡命事件について朴氏は「体制動揺の可能性が高まって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1023文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン