2019年2月16日(土)

ブリュッセル国際空港で爆発、テロの可能性も
地元メディア伝える

2016/3/22 17:30
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】ベルギーの首都ブリュッセルの国際空港で22日朝(日本時間同日午後)、2回にわたり爆発が発生した。地元メディアによると、複数の負傷者が出ているという。原因は不明だが、テロの疑いを指摘する声も出ている。1人が死亡したとの情報もある。

同空港の広報官がAP通信に語ったところによると、爆発は出発ロビーで2回にわたって発生し、複数の負傷者が出たという。ベルギーのベルガ通信は1人が死亡したと伝えた。

爆発があったのはアメリカン航空のカウンター近くという。爆発があったのは朝のラッシュ時で、出発ロビーはチェックイン手続きをする数百人の利用者らで混雑していた。ベルギーの公共放送RTBFは爆発で壁面のガラスなどが飛び散った空港ビルの様子を放送。爆発を受けて空港は閉鎖された。空港に向かう鉄道も運行を中止した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報