中国、胡錦濤前主席側近を調査 「重大な規律違反」の疑い

2014/12/22付
保存
共有
印刷
その他

【北京=阿部哲也】中国共産党の中央規律検査委員会は22日、胡錦濤前国家主席の側近だった令計画・党統一戦線部長を「重大な規律違反」の疑いで調査していると発表した。令氏は息子を巡るスキャンダルのもみ消しを、当時公安部門のトップだった周永康・前政治局常務委員に依頼したとされる。習近平指導部は令氏の周辺の組織的な汚職に対する摘発も強めており、6月には同氏の実兄で、山西省政治協商会議副主席だった令政策氏が「重大な規律違反」の疑いで取り調べを受けた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]