2019年9月17日(火)

中国、米女性実業家を拘束 「国家の安全脅かした疑い」

2015/9/23付
保存
共有
印刷
その他

【北京=共同】米メディアによると、3月に訪中した米国の女性実業家が国家機密を盗んだ疑いがあるとして中国当局に拘束されていることが、22日までに分かった。中国外務省の洪磊副報道局長は22日の記者会見で「国家の安全を脅かした疑いがあり、取り調べを受けている」と女性の拘束を確認したが、詳細は明らかにしなかった。

米メディアによると、女性はテキサス州ヒューストンのサンディ・ファンギリス氏(55)。3月に同市幹部らと貿易促進のために北京などを回った後、同19日に広東省珠海市からマカオに抜ける出入境ゲートで拘束されたという。

22日からの習近平国家主席の訪米を前に、即時解放を求める女性の夫が、米紙に拘束を公表した。女性は中米のビジネスコンサルタント業などを行っていたといい、夫は「妻はスパイではない」と訴えている。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。