/

この記事は会員限定です

アジア投資銀、中国の出資比率3割近くに

[有料会員限定]

【北京=大越匡洋、シンガポール=菊池友美】中国が主導するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の概要が22日、固まった。中国が30%近い最大の出資比率を握り、新銀行への圧倒的な影響力を確保する。設立時の資本金を当初想定の2倍にあたる1千億ドル(約12兆円)に増やし、信用力の高い国際機関をめざす。

57カ国の創設メンバーは22日、シンガポールで20日から開いた首席交渉官会合を終えた。中国財政省は同日「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン