/

欧州株が全面安 独VW不正問題の波紋広がる

(更新)

【ロンドン=黄田和宏】22日の欧州の株式市場は、独自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の不正問題が波紋を広げ全面安となった。VWは業績への影響懸念から前日の19%安に続いて、一時23%下落するなど2日間でおよそ4割の大幅安となった。ダイムラーやBMWなどの同業大手も大きく下落し、ドイツのDAX指数は一時3%安と大きく下げた。

フランスでも、VW問題の連想が広がり、自動車株に逆風が強まっている。プジョーシトロエングループが12%安と大幅に下落したほか、ルノーも大きく値を下げ、フランスの主要40社で構成する株価指数CAC40の下げを主導。同指数は一時3%以上値下がりした。自動車株安に加えて、世界経済の減速懸念で資源価格の下落に対する警戒感も強まり、欧州株への売り圧力を高めている。

米国株式市場も売りが優勢。ダウ工業株30種平均は前日比の下げ幅が一時280ドル(1.7%)を超えた。ゼネラル・モーターズ(GM)など自動車株の下げが目立つ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン