/

トランプ氏側近、駐日大使にハンツマン氏推薦 米紙報道

【ワシントン=吉野直也】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は21日、トランプ次期大統領の首席戦略官・上級顧問に起用されたバノン氏が駐日大使としてオバマ政権で中国大使だったジョン・ハンツマン氏(56)を推薦したと伝えた。

ハンツマン氏はブッシュ前政権で米通商代表部(USTR)次席代表を務め、2009~11年に中国大使だった。トランプ次期政権の国務長官候補にも一時名前が挙がっていた。側近の間には反対論もある。ほかの米メディアはプロ野球・千葉ロッテマリーンズ元監督のボビー・バレンタイン氏(66)も候補の1人と報じている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン