米朝、平和協定で一時交渉 1月核実験実施で決裂

2016/2/22 12:21 (2016/2/22 13:30更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【コロンビア(米サウスカロライナ州)=川合智之】米政府が朝鮮戦争終結に向けた平和協定を締結するため、北朝鮮と交渉に入ることで1月に合意していたことが21日わかった。合意から数日後の1月6日、北朝鮮が4回目の核実験を実施したことで交渉は決裂したという。米国務省が明らかにした。

米国務省のカービー報道官は21日、日本経済新聞の取材に「平和協定交渉を提案したのは北朝鮮だ。米は協議に非核化を入れなければ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]