/

この記事は会員限定です

「ソーダ税」米でじわり 税収増・医療費抑制狙う

[有料会員限定]

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米国の西海岸で、清涼飲料などに課税する「ソーダ税」導入の動きが広がりつつある。カリフォルニア州バークレー市が来年1月から全米で初めて導入する。サンフランシスコ、リッチモンドなど周辺都市でも同様の動きが盛り上がる。税収を増やすだけでなく、肥満や糖尿病を減らして医療費を抑える狙いだが、売り上げの鈍化につながりかねない飲料業界は警戒を強めている。

バークレー市のソーダ税は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り684文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン