米アップルの4~6月、純利益38%増 iPhone堅調

2015/7/22付
保存
共有
印刷
その他

【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルが21日発表した2015年4~6月期決算で、売上高が前年同期比33%増の496億500万ドル(約6兆1400億円)、純利益が38%増の106億7700万ドルだった。スマートフォン(スマホ)「iPhone(アイフォーン)6」の販売が堅調で、6四半期連続の増収増益。中国での売上高が2.1倍と大きく増えた。ただ中国での景気減速などを受け、売上高見通しは市場予測に比べ慎重な水準にとどまった。

iPhoneの販売台数は35%増の4753万台、パソコン「Mac」は9%増の479万台となった。ソフト・サービスの売上高は12%増。この結果、手元資金が初めて2000億ドルを超えた。一方、タブレット(多機能携帯端末)「iPad」は不振が続き18%減の1093万台だった。

4月末に発売した腕時計型の新端末「アップルウオッチ」の販売数値は公表しなかった。電話会見でティム・クック最高経営責任者(CEO)は「我々の予想を上回る売れ行き」と述べるにとどめた。アップルウオッチや「iPod」「アップルTV」などを含む「その他」部門の売上高は49%増の26億ドルとなった。

成長源の中国では景気の減速が続いており、市場では販売動向への懸念が高まっている。クック氏は「影響はない」としたが、決算と併せて発表した7~9月期の売上高見通しは490億~510億ドルと市場予想を下回る水準だった。売上高予想が慎重と受け止められ、21日の米株式市場の時間外取引ではアップル株への売りが優勢になった。一時は21日の終値比で約9%下がった。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]