/

IMF、朱・副専務理事が7月退任 後任も中国から

【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)は21日、中国出身の朱民・副専務理事が5年の任期を終え、7月に退任すると発表した。IMFは2011年に副専務理事ポストを増員し、元中国人民銀行副総裁の朱氏を選出した。中国からの副専務理事起用は同氏が初めてで、後任も中国から起用する方向だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン