2019年3月26日(火)

トランプ政権、「核なき世界」目標見直しも 米高官表明

2017/3/22 9:17
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=共同】米国家安全保障会議(NSC)で核不拡散などを担当するフォード上級部長は21日、トランプ政権が核政策の見直しを進める中で、オバマ前政権が掲げた「核兵器なき世界」の目標が「現実的かどうか」を検討すると述べた。ワシントンで開かれた核政策に関する国際会議で語った。

トランプ大統領はこれまで「核保有国として優位性を保つ」として核戦力拡大に積極的な姿勢を表明してきた。核廃絶の目標を実際に見直せば、核軍縮の機運が後退しかねないとして国際社会に不安が広がりそうだ。

フォード氏は、トランプ政権はさまざまな政策について「例外なく見直しを進めている」と説明。各分野の専門家などから意見を聞いている段階だとし、「結論がどうなるかを予測するには時期尚早だ」と述べた。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報