2017年12月16日(土)

金正恩氏が初声明「超強硬措置を検討」 太平洋で水爆実験か

2017/9/22 7:47 (2017/9/22 11:14更新)
保存
共有
印刷
その他

 【ソウル=山田健一】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は21日、朝鮮労働党中央委員会の庁舎で、北朝鮮を「完全に破壊する」と警告したトランプ米大統領の国連演説に対し、「過去最高の超強硬な措置の断行を慎重に検討する」との声明を発表した。朝鮮中央通信が22日伝えた。

北朝鮮の金正恩委員長(コラージュ、写真はAP)

 国家最高位である国務委員長名義で発表した。金委員長自らの声明は初めて。

 声明はトランプ氏に対し「私と国の存在を否定、侮辱し、われわれを破壊すると宣戦布告してきた」と主張。そのうえで「われわれの尊厳と名誉、そして私自身のすべてをかけて、米国の統帥権者の妄言に対して、必ず対価を支払わせる」と威嚇した。

 一方、国連総会参加のためニューヨーク滞在中の北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相は21日(現地時間)、金委員長が声明で言及した「超強硬措置」について、「おそらく水爆実験を太平洋上ですることではないか」と記者団に語った。同外相は22日に国連で一般討論演説を予定していたが、23日に延期されたという。理由は不明だ。韓国の聯合ニュースが伝えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報