2018年7月18日(水)

グアム副知事「ミサイル着弾の可能性ゼロに近い」

2017/8/21 19:28
保存
共有
印刷
その他

 北朝鮮が近海への弾道ミサイル発射を予告している米領グアムのレイモンド・テノリオ副知事は21日、都内で記者会見し「ミサイルがグアムに着弾する可能性はゼロに近い」として、観光客への影響はないと訴えた。

 テノリオ氏は「北朝鮮の脅しは今回が初めてではない上、万一発射しても何層もの防衛システムで守られている」と説明。有事の際も「台風災害に備え、既に観光客を保護するインフラや連絡態勢は整っている」と述べた。

 21日には米韓合同軍事演習が始まり、緊張の高まりも懸念されるが「日韓など同盟国との演習がグアムの安全を保っている面もある」と指摘した。

 グアムには昨年、約150万人が渡航し、うち半数近くが日本からだった。

保存
共有
印刷
その他


[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報