ローマ市長、24年五輪の招致断念表明

2016/9/22 0:24
保存
共有
印刷
その他

【ローマ=共同】イタリア・ローマのラッジ市長は21日、記者会見し、同市が立候補している2024年夏季五輪の招致を継続することは「無責任だ」と述べ、断念する考えを表明した。ラッジ氏は6月の就任前から「財政難のローマでの開催は困難」と招致反対の立場を示していた。

ラッジ氏は会見で、五輪開催には税金が使われ「市民や国民の借金を増やすことになる」と反対の理由を説明。市議会の承認を得て、近く正式に立候補が取り下げられるとみられる。

招致計画は既に進んでいるが、市民の間でも「公費の無駄遣い」と反対の声は強い。1960年以来の開催を目指すローマは、2020年の五輪招致も財政危機の影響で断念した経緯がある。

24年五輪にはパリ、ブダペスト、ロサンゼルスも立候補しており、開催都市は来年9月に決まる予定。

招致を推進するイタリアのレンツィ首相は「断念となれば悲しいが、市の決定を受け入れる」とし、撤退が決まった場合は28年夏季五輪の招致を別の都市で目指す考えを明らかにしている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]