南シナ海、米艦派遣「継続を」 前NSCアジア上級部長

2015/11/22 0:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「中国の台頭と南シナ海問題の本質」と題するパネル討論では、日米が連携して中国をけん制する必要性を訴える意見のほか、中国との対話の継続を求める声があがった。

エバン・メデイロス前米国家安全保障会議(NSC)アジア上級部長は、南シナ海の中国の人工島の12カイリ内に米イージス艦を派遣したことに関して「今後も継続していくべきだ」と語った。国際法の無視は認めないという強い姿勢は「中国への良いシグナルだ」と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]