/

カザフ、変動相場制に移行 通貨テンゲ急落

【セメイ(カザフスタン東部)=共同】中央アジア・カザフスタンの中央銀行は20日、通貨テンゲの相場を変動制に移行すると発表した。テンゲは同日、対ドルで25%以上急落し、ロイター通信によると、一時1ドル=255.26テンゲをつけた。

中国が人民元を切り下げたことなどから、カザフは主力の資源関連の輸出産業が打撃を受けている。ナザルバエフ大統領は競争力を保つため「他に取り得る選択肢がなかった」と説明した。

カザフ経済は中央アジア5カ国の中では最も安定しているが、原油価格の下落や隣国ロシアの通貨ルーブル急落の影響で、減速が顕著になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン