2019年5月24日(金)

北朝鮮、「準戦時状態」に 米韓は最高水準の警戒態勢

2015/8/21付
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=小倉健太郎】北朝鮮の朝鮮中央通信は21日、金正恩(キム・ジョンウン)第1書記が20日夜に朝鮮労働党中央軍事委員会非常拡大会議を招集し、21日午後5時(日本時間同5時半)から南北軍事境界線付近の前線地帯を「準戦時状態」にするよう命じたと報じた。米韓両軍も警戒態勢を最高水準に引き上げた。

北朝鮮の非常態勢には5段階があるとされ、「準戦時状態」は「戦時状態」に次ぐ2番目に該当する。前線地帯の住民らは軍事訓練などをするという。

韓国政府によると北朝鮮軍は20日午後、南北の軍事境界線近くから韓国側に向けて砲弾を発射。韓国軍も数十発応射した。

北朝鮮は人民軍最高司令部が20日の緊急報道で韓国への砲撃を否定。韓国側の射撃を「重大な軍事的挑発だ」と非難した。北朝鮮軍は同日、韓国に対し、20日午後5時から48時間以内に拡声器を使った北朝鮮への宣伝放送などを中止しない場合は「軍事的行動」をとると通知しており「準戦時状態」はこれに備えたものとみられる。

韓国の聯合ニュースによると北朝鮮軍が実際に前線に兵力を移動させる動きがあると韓国軍関係者は話した。韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相は21日、北朝鮮が22日午後5時以降に実際に挑発行動に出る可能性があるとの見方を示した。

朝鮮中央通信は、金第1書記は軍について「不意の作戦遂行が可能な完全武装した戦時状態にするよう命じた」と報道した。北朝鮮は住民などを含めた「準戦時状態」を1993年にも宣言したことがある。2013年には国連安全保障理事会決議や米韓軍事演習に反発して朝鮮戦争の休戦協定白紙化を宣言し「1号戦闘勤務態勢」に入ったと発表した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報