/

この記事は会員限定です

タイ軍政、総選挙へ言論統制に躍起 クーデター3年

[有料会員限定]

【バンコク=小野由香子】タイの軍事クーデターから22日で3年。新憲法が施行され、2018年後半が有力視される総選挙を控えるが、最大の課題である二大政治勢力の和解は遠い。軍事政権は対立の芽を摘もうとメディアや交流サイト(SNS)の締め付けに躍起になっている。自由な議論は制限され、総選挙を前にひずみが蓄積する危うさもはらむ。

「タイの聖なる法を守ってほしい」。4日、通信業界などを所管する国家放送通信...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン