/

台湾の運輸最大手・長栄集団創業者、張栄発氏が死去

【台北=山下和成】台湾の運輸最大手、長栄(エバーグリーン)集団は20日、創業者の張栄発総裁が同日に死去したと発表した。88歳だった。海運や航空を含む巨大な運輸グループを一代で築いた台湾を代表する経営者の一人。日本語が堪能で2011年の東日本大震災の際には個人で10億円を寄付した。

日系の海運会社に勤めながら苦学して航海士の資格を取得。1968年に長栄海運、89年に台湾初の民間航空会社、長栄航空(エバー航空)を設立した。12年には日台交流への貢献が評価され、旭日重光章を受章した。

政界との関係も深く、00年の総統選挙では最大野党・民進党の陳水扁氏を支持し、当選を後押しした。ただ中国事業を重視する立場から、08年の総統選では対中融和志向の国民党支持に回った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン