/

この記事は会員限定です

米ロッキード、F16戦闘機をインドで共同生産 タタと合意

[有料会員限定]

【ニューデリー=黒沼勇史】米ロッキード・マーチンとインドのタタ・グループが、米国が開発した汎用戦闘機F16をインド空軍向けに同国内で共同生産することで合意した。モディ印首相は防衛装備の国産化へ民間と外資の連携を促している。トランプ米政権がインド人技術者の渡米抑制を求めるなど米印間には摩擦もあるが、同政権下で初となる26日の米印首脳会談では、安全保障面で協調を演出することになりそうだ。

ロッキードと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り623文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン