政策議論熟さず激戦州へ 米大統領選 最終盤
共和の牙城に異変も

2016/10/21 1:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ラスベガス=川合智之】米大統領選は19日の第3回討論会で直接対決を終え、民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)、共和党候補の不動産王ドナルド・トランプ氏(70)は激戦州を舞台に最後の支持を訴える。二大政党が拮抗してきた州が民主党優位に傾き、共和党の地盤とされる州も接戦となるなど、トランプ氏は最終盤情勢で劣勢に立たされる。背水の戦いを迫られる同氏は、選挙の不正を訴えるなどなり振り構わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]